Randolph のサングラス  

Aviator の交換用レンズ(各サイズ)を1組4,000円(税・送料込)にて販売しています。イエローレンズは6,000円(税・送料込)となります。”※ お問い合わせ・ご購入はこちらへ。 


 パイロットサングラスの”Aviator”
パイロットサングラスの決定版!!
サイズをそろえているのはユーコー企画だけ。

 “Aviator” のクリップオンタイプ
新発売!!
クリップオンを販売しているのはアメリカ以外では
ユーコー企画だけ。

 パイロットサングラスの “Air 9's”
ジェットパイロット用サングラス。
取扱店は日本ではユーコー企画だけ。

 ユーコー企画オリジナル
Randolphに特注したこだわりのサングラス。

 眼鏡フレーム
パイロットサングラスの機能を日常お使いの眼鏡にも。
もちろん日本ではユーコー企画だけの販売です。

  Randolph のサングラスは MIL.SPEC ( ミルスペック)を持つ世界で唯一のサングラスです。
MIL. SPEC. (Military Specification、
軍規格)とは、過酷な環境下での使用を必要とする軍のために設けられた規格で、塩水、薬品耐久テスト、落下テスト、レンズの強度といった、民間レベルでは考えられない耐久テストに合格したものだけに与えられます。
 
NO.25948Jが“Aviator (アビエータ)”のMIL. SPEC.製造企画番号です。MIL. SPEC,を与えられるのはサングラスのフレームとレンズの製造過程において、203工程にも及ぶ厳しいチェックに合格しなくてはなりません。数多くのサングラスメーカーの中で、このテストに合格しているのはRandolph だけです。また、委託生産の多い米国商品の中で全行程を一社で製造している数少ない100%‘MADE IN USA’のサングラスでもあります。
  Randolph が一躍有名になったのは、中近東戦争でのデザートストーム(砂漠の砂嵐)作戦の際に、
砂嵐の始まるまで60日しかないという短期間に、レイバンやその他のメーカーが応じきれなかった国防省の依頼を受け、“Aviator”30万本を期日内に国連軍に納品しましたことに始まります。この功績により民間企業として初めて米国大統領と国務省から感謝状を頂きました。それ以来、Randolph は国防省およびNASAの最大のオフィシャルサプライヤーとなっています。
  小売店で販売されているめがねフレームと異なり、軍規格で作られておりますので、通常の眼鏡にあるアレルギーテストは行っておりませんので、ご注意ください。フレームの主素材はニッケルとシルバーの合金です。金属アレルギーのある方のご使用は避けてください。